カテゴリー「妊娠経過」の記事

2006年9月15日 (金)

やったぞ!全て完了

過去の日記、全てUPすることが出来ました~~

ふぅ・・・

どうにかチビの誕生日までに終わらそうと、かなり急いだので打ち間違えがあるかもです(・・;)

不妊治療中の心情から妊娠中の気持ち、我が家の騒動、お腹の画像もUPしてます

出産までの総費用・妊娠中の体重増減・陣痛間隔のデータも全部!!!

もしもこれがどなたかのお目に留まって、勇気付けられたり関心を持ってもらえたりしたら幸いです

| | コメント (0)

2006年3月 7日 (火)

未完成だけど

不妊治療と妊娠経過の記録と日記。

これを始めようと思ったのは、自分も治療中に他の方のブログを見て勇気付けられたため。

「自分だけじゃないんだなぁ」

って、一人でも思ってくれたらいいな。

だって、運動率3%の精子無力症の人にAIHで子供が出来るの??って毎日毎日悶々と悩んでいたんだもん。

この数値じゃ体外受精なんじゃないの??

AIHも3回くらいで成功しないともうダメなんじゃないの??って焦ってた。

結果、運動率3%精子無力症の人がAIH6回目のチャレンジでも妊娠できる!!

です。

悩んでいてここに辿り着いた方、治療に行き詰って疲れてしまったら美味しいもの食べましょう!

そして一旦治療をお休みしてみてもいいかもしれない。

これからやってきてくれる赤ちゃんのためにも、ゆったりとした気持ちでいてあげましょう(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月19日 (日)

軟弱な体

やっぱね、今思うのは妊娠中にもっと太っておくべきだったって後悔。

前にちょろっと書いたかな?

妊娠後期の体重が、妊娠前の体重+5キロなんですよ。

いえね、無理して食事制限とかやってたわけじゃないんです。

誤解しないでね。

あたしも太りたかったんですよ。

だって、子育てって体力勝負だってわかってたし、あんまりガリガリになりたくなかった。

先生にも相談したけど、増やすのは産んでからだねって言われたの。

始めにツワリで3キロ痩せて、ツワリが治まったら今度は下痢。下痢が酷くて食欲も薄れ、体重も増えない。横ばいが続き、それが治まってやっと食欲もりもり!って思ってたら先生から

「増えていいのは1ヶ月1キロまでね。あ、でも彗さんは痩せちゃったから1.5キロまでいいよ。」

それを守ってこの体重でした。

そんで、結果はヘロヘロの体です。

今、妊娠前の体重-5キロです。

うちは完母なんで、栄養吸われまくってこの体重。

人よんで妊娠ダイエット(T-T)!うれしくねぇ~。

すぐ風邪ひくし、疲れるし、抱っこしまくってるのに腕ほっそーくてひ弱だし、ケツはペッタンコでなくなっちゃうし。

ケツに関してはショックでかかった~(T-T)

産む前まではプリッとしてたんだけどなぁ~。

痩せちゃったからお肌もシワ~~って感じ・・・。

そうそう、いつも行ってる美容院で、粉末のコラーゲンをもらったのね。

これを化粧水に混ぜ混ぜして毎日つけるといいよ~って言われて、今実践中。

果たして効果はあるんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

参考になるなら・・・ファイルUP

病院での総費用「byouin.xls」をダウンロード

妊娠中の体重増減「taijyu.xls」をダウンロード

陣痛時の間隔「jintsu.xls」をダウンロード

ファイルをUPしてみました

もしかして、これが誰かの役に立てればいいな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

出産~その後~

それから今日中に友達に連絡をしたかったので、23時30分頃からみんなに報告メールを打ちまくった

結局その晩は興奮のせいでほとんど眠れず、朝を迎えた

まずはトイレに行くことから始めた

看護士さんについてもらいトイレへ

よたよたとしていたが何とか歩けた

朝食もLDRでとることになったが、いざ一人でベッドで起き上がって食べようとしても、頭がフラフラで起き上がれない

幸いロールパンが出ていたので、袋から出して横になったまま噛り付いた

どんどん歩いていいとは言うものの、体が言うことをきかなかった

結局部屋を移動するときは車椅子で運んでもらった

大部屋を希望していたけど、今日退院の人が居るから部屋が開き次第移るということを説明されてとりあえずは2人部屋へ運ばれた

夕べ寝てないし、貧血で体もだるかったので目をつぶっていると人の気配が

見ると担当先生が来てくれていた

「先生・・・」「おめでとう、安産だったみたいだね」

と会話を交わした

午後には母とダンナがお見舞いに来てくれた

ダンナはその後も毎日来てくれて、本当にありがたかった

時には自分でお弁当を作って病室に持ってきては親子3人で夕飯を食べたりしたのでした

これからはチビと完全母子同室、母乳指導も待っている

がんばってチビにおっぱいを沢山飲ませてあげたい、その気持ちでいっぱいだった・・・

が、その3日後くらいからおっぱいが爆発的に大きくなり、看護士さん一同・入院中のみんなもびっくりするくらい張ってしまい、熱を持って痛くて眠れないほど辛い日々がその後続いた

おっぱいの張りに対してチビの飲む量がまだ伴っていないので、搾乳して張りを抑えないといけなかった

周りのみんなはまだ完母になっていない中、あたしはもうミルクは足さないでよくなっていた

その後おっぱいの張りが楽になったのは、退院して自宅に戻った3日後位からだった

お産も大変だけど、おっぱいの張りもかなりの辛さだ・・・

そんなおっぱいの痛みと搾乳の日々で寝不足な中、3連休と言うこともあり友達がお見舞いに来てくれた

体がきつかったのでお見舞いを断ってしまった友達も居た・・・スミマセンでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産~誕生~

お腹の痛みから腰の痛みに変わり、看護士さんが子宮口の開きを確認すると7センチくらいとのこと

でも、自分としてはかなり限界に来ていた

ダンナにお尻を押してもらい、呼吸法でいきみを逃してはいるけど、もうそんなもん全然効きませんから!

あたしもついに弱音を吐いて「看護士さん呼んで~!まだダメなの~?」と半べそ状態でした

そんな中、タイミングよく看護士さんが部屋に来て見てもらうとやっと10センチ大に広がった!!

そうと分かると手際よくベッドが分娩台へと変わって行った

部屋の中には赤ちゃんを暖める機械などもすでに用意されていて、ついに待っていた言葉を聴くことができた

「深呼吸2回していきんでいいわよ」

いきむって?と思いながら「う~~ん」と踏ん張ってみると、子宮口辺りが熱くなるような感覚があった

また陣痛に合わせていきむの繰り返し

ダンナ曰く、いきみと同時にお腹がぐぐっと動いていたそうだ

チビもがんばって産まれようとしていたんだね

何度かいきみを繰り返し、看護士さんが「そろそろ先生呼んでもいいね」と言い、もう一人の方が電話で先生を呼び出していた

すぐに先生が部屋に入ってきたが、やっぱり担当の先生ではなかった

「はい、じゃぁいきんで」って言葉で「ふ~~ん」とがんばると、先生“ジョキンッ”っておしもをカットです

痛かったような気もするけど、正直もうどうにでもなれ!ってヤケクソな感じ

その後数回いきみを繰り返したら「頭が出たわよ」と言われ、誰かには「はっはっはって短く呼吸して」もう一人には「もう一回いきんで」と言われ、あたしはダンナに向かって「何??」と聞き返してしまった

結局もう一回いきんでってことになり、陣痛も無かった気がしたが最後の「ふぅ~~ん」

まだ赤ちゃんの泣き声も聞こえないのに、ダンナが「産まれたよ!」って

「え??」って思った直後「ふぁ~んふぁ~ん」ってちょっと低めの声の泣き声が聞こえました

_ 22時28分チビの誕生です

下で何かの処置をして、すぐにあたしのお腹の上に乗せてくれました

まだへその緒がついたチビが目を腫らしてお腹の上に居ました

「うわぁ~大きい」

ダンナはあたしの頭をなでて「がんばったね」って確か言ってくれたかな?

あたしはチビを見て泣いてしまいました

本当に感動です

そして、すっかり無くなった陣痛の後にはおしもの処置の痛みが待っていたのでした

胎盤を出すのは痛くなかった

その後は麻酔のチクッとした痛み、切開箇所と裂けてしまった所の縫合の糸をひっぱる感覚の気持ち悪さ

産んでしまえば意外と冷静でいられて、先生やダンナと雑談できるほどでした

全ての処置が終わって、後は2時間LDRで回復のため安静にするのだけど、出産が夜遅いためそのままLDRで1晩過ごすことになった

「あとは何を食べても好きなことをしていいわよ」

と言われ、外で待っていた母が持ってきていたおにぎりやサンドイッチなどを3人で頬張った

しばらくすると、そこにチビが簡易ベッドに入れられてやって来た

しばらくの間チビを傍に置いといてくれるらしい

でも、ベッドで横になっているあたしからは丁度顔が見えない・・・

ダンナに携帯で写真を撮ってもらい顔を再度確認した

「ダンナに似てるねぇ」「顔がシャープだね」「髪がフサフサだね」

ってみんなでチビを囲んで話しをしました

翌日はダンナも母も朝早いので、食事をし終わると帰って行った

そしてあたしとチビとふたりっきりのLDR

ちょっとしたら看護士さんが部屋に来てくれて、「丁度顔がみえないんですよ」と訴えてみたところ私のベッドの上にチビを連れてきてくれた

舌を長く出してベロベロとしているチビを見つめながら、私は感じたことの無い幸福感でいっぱいだった

小さな手を見つめて、爪の形を眺め、まだ産湯に浸かっていない羊水の臭いのするチビを抱きしめたい気持ちでいっぱいになった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出産~本陣痛~

40w0d

予定日当日、朝6時30分頃腰痛で目覚める

なんだかいつもと様子が違うので、しばらくそのまま横になり様子を見る

7時頃になっても痛みは変わらず「もしかして?」との思いがよぎった

でも、まだ陣痛とはっきりわからないので朝は母には何も言わず仕事へ送り出した

その後朝食を食べながらテレビの時間とにらめっこ

7時台から陣痛の記録を付け始めた

時間は大体10分間隔だけど、時々無くなったり20分間隔だったりとまだまだ不規則な痛みを繰り返していた

前日帰りの遅かったダンナには悪いと思いながらも一応起こし、「もしかすると陣痛かも」と伝える

陣痛だとしたらこの先長い戦いになるだろうと思って10~11時頃の間に一度お風呂に入った

あがった頃やっとダンナが起きてきた

ちょっと焦ってる感じ?「どうなの?」と聞かれても、やっぱり5分~20分位の痛みが不規則に来ている

自分としてはまだ焦りはなかった

お昼ごはんを2人で適当に食べて、また様子を見て、13時くらいに一度病院に電話をして聞いてみようということになった

一度病院で見てもらって、陣痛じゃないとしてそのまま帰ってきてもいいや!という気持ちだった

10分前後の痛みがあること・初産ということ・自宅からどれくらいで行けるのかを伝えると、一応破水しても困るのでタクシーで来て下さいと言われた

母子手帳・保険証類だけ持って、ダンナにタクシーを止めてもらい病院に向かった

タクシーの中では陣痛らしき痛みは10分毎にちゃんと来ていた

病院に着く頃には痛みははっきりとしたものに変わっていた

診察にはいつもの先生は居なかったため、別の先生に内診をされる

「子宮口が薄っぺらぺらで、赤ちゃんの頭もかなり下がっているから、この痛みは陣痛でしょう!このまま入院ね」

と言われ、3階で入院の手続きをすることに

その後看護士さんが迎えに来てくれて4階へ案内される

この頃痛みはどんどんとはっきりしたものに変わっていた

陣痛が不規則に来ていると告げると、NSTを録ってから入院するか決めようと言われ40分間横になった

計るとかなり良い張りが来ていたらしい

そのままお産セットをもらいLDRへ通された

ダンナに入院になったと電話で連絡、急いで荷物を持って来てくれる

まだ我慢できるくらいの痛みなので部屋の中をうろうろしてみた

トイレに入ると大出血!さっきの内診の刺激で下着が真っ赤に染まってしまった

持ち歩いていたナプキンをあててトイレから出ると、担当の先生が部屋に来てくれた

「陣痛来たみたいだね、今日か明日のお昼までには産まれるかな?」

と立ち話をして先生は部屋を後にした

しばらくするとダンナと母が一緒に部屋へ来た

母はそのまま一度仕事へ行って、終わったらまた来るとのこと

17時30分頃はダンナと2人でLDRでテレビを見て過ごした

Dscf0035 その頃まではまだ余裕があった・・・

ダンナは夕飯を食べに一度外へ

病院の食事は18時過ぎ、その頃になると痛みは激痛へと変わって行った

でも、これを食べないと陣痛に耐えられないと思い、時折来る激痛を逃しながら夕食は全て食べつくした

食器の下げ場所が分からなかったので、ナースステーションにお盆を持って行ったら丁度陣痛が来てしまいその場でうずくまる

自分でもそろそろヤバイと感じ始めていた

食後、やっとお産服に着替える

でも、陣痛が辛くてなかなか着替えが進まない

もたもたしているところへダンナが戻ってきた

さっきと痛がり方が明らかに違うのでちょっとオロオロしてたかな?

もう立っていられない程に変わってきたので、横になって痛みを逃していた

それからはドンドンと激痛が超激痛に変わり、みるみるあたしも豹変していく

もうダンナの問いかけに答える気力もなくなってきていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

明日は予定日

39w6d

早くて・・・って言うのはなくなりました

昨日はぐっすりですzzz

でも、寝る前にダンナと話してたら目が冴えてしまい、ちょっとだけ起きていようと思いパソコンをしていた

2時ごろ、そろそろ寝るかと思ってトイレへ行ったらおしるしが再開してました

夜中は子宮収縮が起きやすいのかなぁ?

昨日も起きてる最中にみしみし言うような張りがあって、多分それでおしるしが出たんだと思う

今日・明日はダンナがお休みです

あたしを心配してというか、仕事がつまらんからって感じですが・・・

まぁ、今日・明日中になにか変化があればいいなぁとちょろちょろ動き回っています

朝から洗濯しまくりだし、意味も無く家の中をうろうろ歩いてみたり

それでも結局は変わらないんだけどねぇ

やっぱり夜中の前駆陣痛から本陣痛に変わるのを待つしかないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

子宮口開いてきた

39w5d

最後になるかな?健診日でした

丁度あたしが病院に行った時間に、産気付いて苦しんでいる妊婦さんが車椅子に乗せられ4Fへ上がって行った

それから1時間後くらいにその方の旦那さんとお母さんが「産まれました、ありがとうございました」って外来にお礼を言いに来てた

40分くらいのスピード出産だったみたい

車椅子か・・・自力で歩けないくらい痛いのか・・・(・・;)

今日の尿検査では尿蛋白は出ずに血が反応したらしい

目には見えなくてもおしるしはまだ続いてたんだ?

病院まで歩いたせいか前駆陣痛も復活したみたいで、待ってる間も腰痛かったです

上記の出産の方が居たからか先生の診察が遅れていて、あたしも今日は1時間30分待ちってところかな

呼ばれて診察室に入って、金曜からおしるしがあったことを伝えた

「おぉ、いいことだ」って言われ内診室へ

内診すると、チビ相当下がっているらしい

しかも子宮口2センチ開いてるって!

先生も満足そうな感じ(^^)

エコーでお腹を見て、前回少なめと言われた羊水も特に問題ないみたい

エコー中お腹が張って痛かった

その後NSTを録りに行った

お腹はちょろちょろ張ってるんだけど、NSTで拾わない?!

40分経過して看護士さんに聞いてみると、機械を着ける位置によって張りを拾わないときがあるらしい

仕方が無いので手書きで3~4回くらいの張りありって書いてもらった

んで、チビは相変わらずよく動いているので問題なし

次回は9月20日に予約を入れてあるけど、先生はその前に産まれるだろうなぁ~って言ってた

早くて今晩、今週中には出てくるんじゃない?って

いよいよですか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

おしるし収束

39w4d

え~~ん(T-T)

金・土とおしるし・前駆陣痛がいい感じに続いてたんだけど、びびっておとなしくしすぎたせいか、今日は朝からおしるしも前駆も止まっちゃったよ

体調も普通になった・・・

やっぱり本陣痛が来るまでちゃんと動かなきゃダメだね

結局朝から洗濯して、トイレ掃除して、これからお散歩行こうと思ってたんだけど酷い夕立になってしまった

チビが自力で出てきてくれる日を待ちたいけど、やっぱりそれがいつなのか知りた~い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧